あきる野商工会 10周年記念事業

あきる野商工会 特産品開発プロジェクト
新商品アイデアコンテスト 受賞作品


平成23年11月14日(月)〜平成23年12月22日(木)まで、あきる野市民の皆様に対して
アイデア募集させていただきました新商品アイデアコンテストに、33アイデアという
たくさんのご応募をいただきまして誠にありがとうございました。
去る平成24年1月12日(木)に開催されました審査会による厳正な審査の結果、優秀作品が決定いたしました。
その栄誉を称えて、授賞作品をここでご紹介いたします。

● 最優秀賞  「のら棒くん」  開発者 北島 理枝 様


開発趣旨:あきる野の特産品の“のらぼう”を加え、おからやひじきなど、ヘルシーで体に優しい食材を使用しました。
つくね風に棒をつけた事ではしを使わず、手で持って手軽に食べることが出来ます。
お子さんからお年寄りまで好まれる甘辛醤油の味つけにしていますが、
味にアクセントが欲しい方は、ゆず胡椒などどいただいても良いでしょう。
        
レ シ ピ:≪材料≫
とりむね肉(ひき肉) 280g おからパウダー 10g 水 40cc 人参 30g 
のらぼう(ゆで) 30g ひじき(生) 15g とき卵 1/3ヶ分 塩 小1/3 胡椒 少々
醤油 小1/3 生姜汁 少々 タレ(醤油 大3 みりん 大5 砂糖 大5)
≪つくり方≫
@おからパウダーは水を加えて戻しておく。
A人参はみじん切りにし、ゆでたのらぼうを細かくきざむ。
Bボールにとりひき肉と@、Aを加えひじきも入れる。
Cとき卵、塩、胡椒、醤油、生姜汁をBに加え、ねばりが出るまで混ぜる。
DわりばしにCをつけて、ごま油をひいたフライパンで弱火でじっくり焼く。
E両面に焼き色がついたら、タレを回し入れ煮つめて出来上り!

 
●  優秀賞  「秋川牛の焼きいなり」  開発者 重松 正久 様


開発趣旨:@ あきる野特産の牛肉の比較的安い部位であるスジ肉又はバラ肉、しょうが、醤油を使います。
A 油あげは油ぬきをして昆布ダシで香りをつけて使うので、中はこってり外はさっぱりした味で食べ飽きず、素手でも食べやすいです。
B いなりを焼くので冬は熱々をどうぞ。夏は冷やして食べても美味しいです。

レ シ ピ:≪材料≫ 6人分
牛スジ肉又はバラ肉 500g(スジ肉の時は1度ゆでて余分な油をとる)
生姜 50g(せんぎりにし、25gは肉と煮る。25gは塩もみ) 醤油 100cc 砂糖 50g
水 200cc 昆布 10cm角(水につけて昆布だしをとる) 油あげ 5枚 酢めし 3合 
≪つくり方≫
@ 肉、生姜 25g、醤油、砂糖、昆布だし100cc、だしを取った昆布を圧力鍋で10分煮る。
A 油あげは湯で油抜き後、昆布だし100ccにつけ、手でやや強くしぼり水気を切る。
B @の圧力が抜けたら昆布を除き、肉を1cm角に切り、圧力鍋で煮た生姜と酢めしに合わせる。
C いなり作り
  ・ 俵型いなりは油あげを半分に切り、Bを詰め塩もみ。生姜を1つまみのせて、油あげの口を閉じる。
  ・ 巻きいなりは油あげの長辺1辺を残し、3辺を切り開いて板状にし、Bをのせて芯に塩もみ生姜をのせて巻く
D 焼きいなり作り。Cを200℃に熱したオーブンで20分焼く。表面にこげ目がつき、甘い香りがしたら焼きあがり。
巻きいなりは6等分に切る。お好みで、マスタードやからしをつけてお召し上がり下さい。
 

●  優秀賞  「花オクラかりんとう」  開発者 軍道紙保存会

開発趣旨:トロロアオイは軍道紙(和紙)を漉くときに使用するネリ(のり)、この植物の花は黄色
       で大きく夏から初秋にて咲き、秋に趣旨は採取できるが、紙を漉くネリとして使用する
       場合は、花は咲かせず根を利用するため、花・種子を生かすことはない。しかしこの
       花は 大きく美しく、花を咲かせて楽しむことができる。しかもこの花は食用にでき、て
       んぷらや、野菜サラダの添加物として活用できる特徴がある。更にふるさと遺産であ
       る「軍道紙」に関係するものであるため、軍道紙に関係し、ふるさとの花として育て、
       見て楽しみ(楽しんでもらい)、食して楽しめないかといろいろ考えた結果、花は前記
       述のとおり、種も何かに利用できないかと考え、試行錯誤し、「あん」に加工したが納
       得いかなかった。その後更に考え、今度はかりんとうに加工してみた。

        レ シ ピ:@ 商品加工は通常のかりんとうを作るレシピで良い。
               A 当該商品を試作した結果は、トロロアオイの種子量50%+小麦粉50%、あとは上記@のとおり。



特産品開発事業トップページへ

あきる野商工会のホームページへ